会長挨拶役員紹介・事務局定款|細則入会申込お問合せ会員専用


特定非営利活動法人日本急性血液浄化学会(JSBPCC)ではハンズオンセミナーを共催企業3社と

協力して行っています。今回の地方開催(第2回アドバンスコース)は四国の高松市で開催します。

急性血液浄化に携わるスタッフの経験年数に関わらず参加をお待ちします。


2016.04.02 JSBPCCハンズオンセミナー第2回アドバンスコースの案内
日時 平成28年4月2日(土)12:30〜16:30(受付:12:00〜)
場所 香川県立中央病院(高松市) 1階 中会議室
定員 20名
対象 医師、看護師、臨床工学技士、他
参加料 JSBPCC会員:2,000円 非会員:4,000円 (当日入会可)
内容 講義と実習の構成からなる。 講義では持続血液濾過透析法(CHDF)の基礎と最新の知識をはじめ、CHDF施行時の問題点やモニタリングの知識を得ることができる。 また、講義で得た知識やトラブルシューティングを実機に触りながら習得できる体験型セミナーです。
プログラム
12:30 開会あいさつ
12:35 議 義
1.「CHDFの基礎編」(20分)
広島市立広島市民病院麻酔・集中治療部部長 鷹取 誠 先生
2.「CHDFの実践編」(20分)
熊本大学医学部附属病院ME機器センター技士長 原田俊和 先生
3.「敗血症に対する血液浄化法」(20分)
川崎医科大学麻酔・集中治療3教授 片山 浩 先生
13:35 休 憩(15分)
12:35 議 義
13:50 実習(160分 -休憩含む- ) 3グループに分かれて、プライミングの要点やトラブルシューティング(ワンポイント的な) の説明をします。実機に触ってもらいながら、各機種50分間の実習を順次交代していく。
@ ACHΣ (旭化成メディカル株式会社)
A KM‐ 9000(川澄化学工業株式会社)
B TR55XU (東レメディカル株式会社)
16:30 閉会あいさつ
JSBPCCハンズオンセミナー実行委員会
第2回アドバンスコース当番世話人
片山 浩(川崎医科大学麻酔・集中治療3教授)
共催:特定非営利活動法人 日本急性血液浄化学会
旭化成メディカル株式会社
川澄化学工業株式会社
東レ・メディカル株式会社
参加申し込み方法 E‐mail: hansemi2013.jsbpcc@gmail.comにメールしたら、折り返し申込書をメールします。
問い合わせ先 JSBPCCハンズオンセミナー実行委員会実務担当
熊本大学医学部附属病院ME機器センター 原田俊和
TEL : 096-373-7041
FAX : 096-373-7040

一覧に戻る


香川県臨床工学技士会へのお問い合わせはこちら

活動報告 学術集会・講習会・セミナーのご案内 災害情報・緊急情報 安全対策・各種説明 リンク アドビリーダーをGETする
我々香川県臨床工学技士会は医療に不可欠な医療機器のスペシャリストです。医療機器の安全確保と有効性維持の担い手としてチーム医療に貢献しています。
株式会社コンチネント